IMRAについて

IMRA America, Inc.は超短パルスファイバーレーザの研究、開発、製造および応用における世界的リーダーです。

沿革 | 使命  | 事業内容 | 市場 | 発展

沿革:技術を開発するための革新的アイデア

Institut Minoru de Recherche Avancée (IMRA)は1986年にフランスヴァルボンヌ/ニースで創立されました。この組織は、現在、IMRA Europe S.A.S.,と呼ばれており、英国に支店を持っています。1990年にIMRAアメリカがミシガン州のアナーバーで設立され、世界で三番目に大きな自動車部品製造会社である日本のオール・アイシングループが率いる一連のグローバル企業体の主要メンバーになっています。

アイシンの一組織として、IMRAはアイデアや成果の国際的交流を通じて創造的研究および革新に力を注ぎ、これからの産業使用に不可欠な技術を開発しています。これを達成するために、IMRAアメリカは多くの分野や地域からの一流の研究者および技術者のチームを組織しています。チームには、国際的な科学界からの申し出による最も優秀な人材も含まれています。1990年代初期、IMRAは超短パルスファイバーレーザに関する基礎研究を行い、科学的前進から得た知識を発展させて1995年にその最初の商業製品であるフェムトライトを完成させました。それ以来、IMRAは新たな市場をターゲットに、その研究ベースおよび製品ラインを拡大し続けています。

当社は、強力な製品開発力と技術力、大量生産能力、および産業基準を満たした厳格な品質管理システムを活用しながら、業務を行っています。最も長い歴史を持つ、最も経験豊富なフェムト秒ファイバーレーザカンパニーとして、IMRAは画期的な技術を実現し続けています。

使命

国際的なIMRAネットワークの発足時、オール・アイシングループの名誉相談役(当時)である豐田稔は、指針となる理念「科学と技術の開発と共有による世界調和」を掲げました。
新しい技術の研究、開発およびグローバル・パートナーシップを通じて、IMRAアメリカは豐田稔の妥協なき信念と理念を達成するために懸命の努力を続けていきます。

事業内容:研究、開発および製造

基礎技術研究への投資によって、IMRAはフェムト秒ファイバーレーザ産業の開拓者となっています。当社はそのレーザ技術および製品の根幹を支える大規模な知的財産ポートフォリオを構築してきました。IMRAはその技術を継続的に開発することによって最先端の超短パルスレーザシステムの最前線に立ち続けています。IMRAは世界で最も信頼できる堅牢なフェムト秒レーザの開発および製造ならびに独自の研究を通じた科学知識の進歩に力を注いでいます。IMRAは厳しい製造基準 を守り続けることで他に類をみない信頼性と耐久性を持つレーザの生産を確実にしています。

市場:技術的信頼性によって応用を可能にする

現在、IMRAの海外顧客には、高性能眼科機器の世界的リーダーであるドイツのカールツァイスメディテック社(Carl Zeiss Meditec AG)が含まれています。同社が世界的に販売しているVisuMax LASIKシステム用のレーザエンジンの調達先としてIMRAが選ばれました(プレスリリース)。日本に本社を置くディスコ社もまた、IMRAのフェムト秒ファイバーレーザの優れた品質と信頼性を認めて、その顧客施設において一日24時間・年中無休で行われる製造業務に使うファイバーレーザの調達先としてIMRAを選択しました(プレスリリース)。

IMRAは生産プロセスに超短パルスレーザ技術を組み込むことに成功しました。これはかつて不可能と考えられていた、まさに画期的な躍進です!

発展:グローバルイノベーションを通して

全世界の科学および産業市場で展開されているIMRAレーザの数はすでに1,000台を超えており、急速に成長することが期待されています。過去においては、フェムト秒レーザは研究施設での使用に限られていました。IMRAの製品の成功によって超短パルスレーザが実用可能な技術であることが証明されました。研究と産業の両方において超短パルスレーザの必要性が世界的に増していることを認識し、IMRAアメリカは2010年に愛知県刈谷市に日本支店(JBO)を設立しました。日本支店は拡大するアジア市場への販売サポートと迅速な対応サービスを提供しています。

超短パルスファイバーレーザへの需要の高まりとともに、IMRAは継続的研究および革新を通じてそのキャパシティの拡大と新しい人員を確保する態勢を整えています。2012年現在、IMRAアメリカは以下のような成長を成し遂げています。

 

  • 従業員は22人から82人に増加(2012年12月現在)
  • 11,000平方フィートから54,133平方フィートに拡大、LEEDゴールド認証取得の建物の増築
  • 450以上の登録済および出願中特許の知的財産ポートフォリオの構築

IMRAは今後も自信を持って困難に向き合い、チャンスを生かしていきます。