FCPA DEシリーズ

高パルスエネルギーイッテルビウムドープフェムト秒ファイバーレーザ

IMRAの特許取得ファイバーチャープドパルス増幅(FCPA)技術に基づいて、業界をリードするFCPA μJewel™ シリーズは、1045 nmの近赤外波長で材料を選択的に加工するための十分なパルスエネルギーを供給します。可視光とUV光に変換し出力できる高調波パッケージも提供可能です。FCPA構造は、基本波において100kHzまたは200kHzの繰返し周波数で最大50μJの高パルスエネルギー、1MHzで10Wと20Wの高い平均出力を選択することができます。DEシリーズは用途の要求事項に応じて、より高速での材料加工が可能になります。

特徴

  • 2004年の市場投入以来、産業応用で評価された
    高い信頼性
  • MIL-STD-810FおよびIEC 60601-1に準拠する
    機械的信頼性
  • 最大5 MHzまでのパルス繰り返し周波数を工場出荷時にセット可能
  • 自然空冷のオプティカルレーザヘッド
  • 法規認証対応可能
  • ソフトウェアによるレーザの遠隔診断テストとコンフィギュレーションが可能

 

レーザ仕様

 
DE1050
DE2020
中心波長 1045 ± 5 nm 1045 ± 5 nm
平均出力 ≥ 10 W ≥ 20 W
パルス時間幅 ≤ 350 fs ≤ 350 fs
パルスエネルギー ≥ 50 µJ ≥ 20 µJ
≤ 1.3 ≤ 1.3
繰り返し周波数 200 kHz 1 MHz

IMRA FCPA DE シリーズのデータシート

オプション:

  • パルスセレクト:100kHzから5MHzまでの範囲で15種類まで繰返し周波数値を選択可能
  • パルスピック:必要に応じてシングルパルスから100kHzまで周波数変調可能
  • 高調波モジュール:レーザーヘッドに装着し可視光波長とUV光波長へ変換可能
  • バーストモード:設定した条件でのバーストパルスを出力可能

ダウンロード

IMRA FCPA μJewel DEシリーズのデータシート
技術ノート:FCPA μJewel D-400の第2高調波発生
応用ノート:フェムト秒パルスレーザ堆積法
応用ノート:FCPA μJewelによる微細加工

関連応用に関する論文:

レーザモデル
タイトル
D-1000 2014 Achromatic THz wave plate composed of stacked parallel metal plates
D-1000 2013 Electrofluidics fabricated by space-selective metallization in glass microfluidic structures using femtosecond laser direct writing
D-400 2013 ntravenous tPA Therapy Does Not Worsen Acute Intracerebral Hemorrhage in Mice
D-400 2011 Investigation of physical mechanism of ultrafast laser glass microwelding using double-pulse irradiation