環境方針

IMRAは、世界の調和を促進するために設立目的に沿って行動し、環境を守るためにその役割を果たします。

2010年にIMRAは、ミシガン州アナーバーの研究開発施設について、米国グリーンビルディング評議会(USGBC)によって作られ、グリーンビルディング認証機関によって検証された「エネルギーと環境設計におけるリーダーシップ(LEED)」のゴールド認証を獲得しました(プレスリリース)。この建物は、ミシガン州に8つ、うち4つがアナーバーにあるLEEDゴールド認証施設の一つです。LEEDはグリーンビルディング認証システムで、建物またはコミュニティが、最も重要なすべての測定基準(エネルギーの節約、水利用効率、CO2排出削減、室内環境品質の向上、および資源ならびにその影響に対する感度の管理)について性能を改善することを目指した方策を用いて設計および建築されたことを第三者が検証するものです。認証を得たIMRAの最新の建物はアナーバー・テクノロジー・パークに位置する22,000平方フィートの施設で、まさに最初からLEEDのゴールド評価を得るために設計されました。様々な持続可能な方策がビルの仕様に組み込まれ、建築書類の中に描かれ、建築のすべての段階で実行され、最終的に竣工試験によって確認されました。

LEED認証の一部として、この新しい建物には以下の特徴が含まれています。

  • 影響の少ない敷地整備と在来植物の保存
  • 冷房負荷を抑えるための白い屋根
  • 地元のリサイクル建材
  • オープンフロア、自然光の利用、高効率光源
  • HVAC管理システム
  • エネルギースター器具および水の使用が少ない設備
  • 建築廃棄物のリサイクル