プレミア応用ラボ

プレミア応用ラボ(PAL)プログラムによって、パートナー機関はIMRAの最新レーザ技術を利用することができます。この共同プログラムの目的は実用可能性研究の機会を促進するとともにIMRAのフェムト秒ファイバーレーザ技術の長所を利用してより多くの種類の材料加工用途での研究を育成することです。

現在、以下の2つのIMRAプレミア応用ラボがあります。
フラウンホーファーILT | コーネル大学

Lehrstuhl für Lasertechnik (LLT)RWTHアーヘン大学/フラウンホーファーILT

ドイツのRWTHアーヘン大学の研究者たちは、FCPA µJewel D-1000を使用して、大量選択的レーザエッチング(ISLE)などの新しい用途を開発しています。また、アーヘンのPAL施設ではヨーロッパのお客様が作業中のレーザを見ることができるようにアクセスをしやすくしています。(プレスリリース

LLT RWTH /フラウンホーファーILT ウェブサイト


スキャナーを有するカスタム光学品とFCPA µJewelを使用した
高速レーザ微細加工

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の論文:

タイトル
2007 Fusion welding of glass using femtosecond laser pulses with high-repetition rates
2007 Fs-laser structuring of ridge waveguides
2007 Manufacturing of Nd:Gd3Ga5O12 ridge waveguide lasers by pulsed laser deposition and ultrafast laser micromachining
2007 Manufacturing of periodical nanostructures by fs-laser direct writing
2008 Investigations of the ultrafast laser induced melt dynamics by means of transient quantitative phase microscopy
2008 High speed high precision ablation from ms to fs
2008 Investigations on ultrafast welding of glass-glass and glass-Silicon
2008 Joining of thin glass with semiconductors by ultra-fast high-repetition rate laser welding
2008 Investigations on melting and welding of glass by ultra-short laser radiation
2008 Dynamical detection of optical phase changes during micro-welding of glass with ultra-short laser radiation
2009 Fabrication of sub-wavelength surface ripples and in-volume nanostructures by fs-laser induced selective etching
2009 High speed and high precision fs-laser writing using a scanner with large numerical aperture
2009 In-volume waveguides by fs-laser direct writing in rare-earth-doped Fluoride glass and Phosphate glass
2009 Interference microscopy of femtosecond laser written waveguides in Phosphate glass
2009 Nano and microstructuring of SiO2 and Sapphire with fs-laser selective etching
2010 Development of a time-resolved white-light interference microscope for optical phase measurements during fs-laser material processing
2011 Characterization of channel waveguides in Pr:YLiF4 crystals fabricated by direct femtosecond laser writing
2012 Precise ablation of dental hard tissue with ultra-short pulsed lasers. Preliminary exploratory investigation on adequate laser parameters

トップに戻る

 

コーネル大学

コーネル大学のクリス・シェイファー教授は主として神経性の病気の動物モデルの研究に焦点をあてて生体内非線形イメージング研究のために広範にFCPA µJewel D-400を使用しています。過去において、1041-nmの波長は非線形イメージングにはそれほど広範に使用されていませんでしたが、彼らが数年にわたりこの頑強で信頼性の高いレーザを使用した経験によってバイオメディカルイメージングのために非常に貴重なツールであることが証明されています

シェイファーグループの ウェブサイト


FCPA µJewelを使用した麻酔下ネズミの脳の生体内多光子イメージング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の論文:

タイトル
2010 Two-photon microscopy guided femtosecond-laser photoablation of avian cardiogenesis: noninvasive creation of localized heart defects
2011 Anticoagulation with the oral direct thrombin inhibitor Dabigatran does not enlarge hematoma volume in experimental intracerebral hemorrhage
2011 Chronic in vivo imaging in the mouse spinal cord using an implanted chamber
2011 Cortical microhemorrhages cause local inflammation but do not trigger widespread dendrite degeneration
2011 In vivo imaging of myelin in the vertebrate central nervous system using third harmonic generation microscopy
2012 Cyclic strain anisotropy regulates valvular interstitial cell phenotype and tissue remodeling in 3D culture
2012 In vivo two-photon excited fluorescence microscopy reveals cardiac- and respiration-dependent pulsatile flow in cortical blood vessels in mice

トップに戻る