応用

超短パルスレーザは、基礎原子および分子工程の時間尺度に近づく継続時間を有し、様々な科学分野において有用です。超短パルスレーザはエネルギーを極めて短い時間に送達するため、新たな処理や観察が可能になります。その継続時間が短いため、繊細な生物構造体を壊すことなく探針検査することができ、熱の影響を極小または精密に管理しながらミクロンスケールで材料修正をすることができます。

IMRAフェムト秒ファイバーレーザ は、工業および医療によって利用できる形で最高性能の超短パルスレーザを提供することで、この強力な技術を、研究施設の外、すなわち現実の世界で使用することを可能にします。

IMRA製品の応用分野については、右の主要カテゴリをご覧ください。(クリックすると、詳細情報が表示されます)

フェムト秒ファイバーレーザ技術の将来的に見込みのある使用法の開発および試験はミシガン州アナーバー、カリフォルニア州フリーモントおよび愛知県刈谷市の応用研究ラボで行われています。購入を検討しているお客様は、IMRA製品を購入する前に実用可能性証明試験を行うためにこれらの施設を利用することができます。また、IMRAはプレミア応用ラボ(PAL)ネットワークを作り、大学や研究機関とのパートナーシップを通じてより広範な機会を探求しています。