DE Series

高パルスエネルギー フェムト秒ファイバーレーザ

DEシリーズは、IMRAの特許取得のファイバーチャープパルス増幅(FCPA)技術に基づいて、材料加工に十分なパルスエネルギーを供給します。

DEシリーズは、最大50μJの高いパルスエネルギー、または20Wの高い平均出力を選択することができます。可視光波長及びUV光波長に変換する高調波発生パッケージの利用も可能です。

特徴:

  • パルス繰り返し周波数 最大5 MHzまで設定可能
  • 空冷式
  • 法規認証対応可能
  • MIL-STD-810FおよびIEC 60601-1規格に準拠する機械的信頼性
  • ソフトウェアによるレーザの遠隔診断テストとコンフィギュレーションが可能

レーザ仕様:

 

DE1050

DE2020

波長:

1045 nm

平均出力:

≥ 10 W

≥ 20 W

パルス時間幅:

≤ 350 fs

≤ 400 fs

パルスエネルギー:

≥ 50 µJ

≥ 20 µJ

ビーム品質

≤ 1.3

繰返し周波数:

200 kHz

1000 kHz

  • パルスセレクト:100kHzから5MHzまでの範囲で予め設定された15種類の繰返し周波数値から選択可能
  • パルスピック:必要に応じてシングルパルスから基準繰返し周波数まで設定可能
  • パルスフレックス:パルス選択とパルスピックの組み合わせ。 必要に応じてシングルパルスから最大5MHzまで設定可能
  • バーストモード:設定した条件でのバーストパルス出力が可能