フェムト秒レーザは、極めて短時間に高い光学ピークパワーを供給します。 これにより、いくつかのユニークなイメージングおよび分光法が可能になります。 Femtolite F / G / HおよびFDレーザは、臨床及び産業用途、ならびに実験室での設定に必要な堅牢性と信頼性を提供します。

生きているマウスの脳の2光子励起蛍光顕微鏡検査によって、錘体神経(緑)と血管(赤)を示しています。使用許可取得済み。

多光子蛍光法においては、2つ以上の光子が1つの分子によって同時に吸収された後、分子がその電子的基底状態に戻る際に異なる波長で単一光子を放出します。
同時吸収の確率は光の強度に大きく左右されるのでフェムト秒レーザが必要とされます。レーザ焦点のみに十分に高い強度が発生させられるため、共焦点顕微鏡検査のように、ピン穴や開口部を使用することなく3次元マッピングが可能になります。
これによって解像度がさらに上がり、単一光子共焦点イメージングよりもさらに正確に詳細な特徴を識別することができるようになります。
超短パルス持続時間は、平均出力を低く保ちながら試料において高いピーク出力レベルを達成することができることを意味します。
平均出力が低いことで試料中の細胞毒性や熱関連の影響が抑えられます。

第2高調波(SHG)および第3高調波発生(THG)イメージングでは、入射光は短波長に変換されます。 Femtoliteレーザは、波長およびコンパクトなサイズ及び確立されたシステムへの簡易な組付けのため、臨床におけるSHGイメージングにおけるコラーゲン構造の研究に非常に適しています。

テラヘルツ(THz)波は、電磁スペクトルのマイクロ波領域と赤外線領域との間にあります。 プラスチック、麻布、および木材などのほとんどの誘電体材料は、テラヘルツ波に対して透明性があります。 価値ある材料内部の情報は、この放射線によって非破壊的に得ることができます。 達成可能な材料特性には、吸収、透過および反射が含まれます。

Femtolite F / G / Hは、kHz〜MHzの周波数範囲で低ノイズで優れた安定性と信頼性を提供致します。 コンパクトなサイズと頑丈な設計により、これらのレーザは、最も要求の厳しい産業環境でも使用が可能になります。

Femtolite FD、D-FD-1000Sを使用。
表面から250μmのマウス脳ニューロン細胞における赤色Ca 2+蛍光タンパク(R-CaMP1.07

蛍光タンパク質を標識として使用することにより、蛍光タンパクイメージングは、細胞及び組織における広範な実験観察を可能にします。 これらのタンパク質(GFP、BFP、YFP、RFPなど)の発光は、遺伝子、分子及びタンパク質の位置及び動態を観察するのに役立ちます。 Femtolite FDレーザは、イメージングに理想的な波長を有します。 レーザは、タンパク質のフォトブリーチング及び組織の光損傷を最小限にするパルスをデリバリすることで、in-vivo及び長期間のイメージングの更なる発展に導きます。 その映像はFemtolite FDレーザーを使用することで得られ、ファイバーケーブルを介してパルスを出力し、顕微鏡に容易に組み込むことができます。